算数教材塾・探求の大手塾の解説書「予習シリーズ」の販売はこちら

query_builder 2021/06/04
公式
パソコンで勉強

予習シリーズは定評のある教材です。

問題自体は悪くないです。

個人的な趣向で言えばベストとは言えませんが、それを使って授業をすることになっても不満はありません。


しかし、例題の解説はなっていません。

解き方がフォーマルで数学っぽいことと、理由の記述があまりないので、解き方を覚える勉強になりがちだからです。

算数にあまり精通していない大人が見たら、どうしてこの式?ということが多いのではないでしょうか。


塾講師は授業で解説をまるで頼りにしていませんので、どんな解説でもいいのです。

問題の並び方に唐突感がなくて、問題自体が良質ならば文句の一つも出ません。


昔のサピックスの解説が恐ろしく殺風景だったので、それと比較して、予習シリーズの解説は分かりやすいという評価を得ましたが、今はサピックスの解説も改善され、大きな違いがありません。

いまだにサピックスよりも予習シリーズの方が解説が良いという人がいたら、昔のままの感覚で語っている人の言葉を鵜呑みにしている人なんだろうなと思ってしまいます。


予習シリーズは、サピックスのテキストの構成とは異なりますし、立ち位置も異なりますが、予習用ではなく、塾教材です。

塾教材というのは、塾で使う教材なので、講師の説明を理解できていること前提です。

その前提ができていないのであれば、中々扱いづらいです。


大手塾の解説書「予習シリーズ」は、例題の解説を書き直し、どうしてこの解法を使うのか、どういうときにこの解法を使えるのかをしっかり書いたものです。

予習シリーズがなんとなくは使いこなせていると思うけど、暗記の算数になっているような気がするというお子様にぴったりな解説書です。


ご購入は下のボタンからお願いいたします。