ファミリーレストランに行きますか?

query_builder 2015/03/31
受験全般
ファミリーレストラン

今回は、受験に関係のなさそうなタイトルをつけてしまいました。


例えば、とんかつ屋を考えてみます。

チェーン店と個人経営店があります。

私は、以前はチェーン店によく行きましたが、最近はあまり好きではなく、行かないようにしています。

理由は単純なものです。

満足度が高くないからです。

個人経営店の方が美味しいというか、口に合うというか、好みだからといった方が正しいです。


割引クーポン券を見て、これなら1回くらい行ってみようかと思うこともありますが、実際に行くと、行って良かった~と思うことはなかなかありません。



たくさんのお客様にきて欲しいチェーン店と、コアな客がついてくれれば良いという個人経営店では、狙いが異なります。

こういうものを食べたいという強い意志があるのなら、個人経営店を選ぶ方が良いということになります。


また、個人経営店は、独自のパイプで良いネタを仕入れていると思います。

個人経営者の意地だと思います。


でも、個人経営店ならどこでも良いわけではありません。

恐らく酷いところは相当酷いと思います。

人に推薦されたり、口コミを見たり、創業何年かを見たり、店内の写真を見たり、料理の写真を見て判断して、狙い撃ちして行くわけですが、そうすると、ほぼ外れ無しで良い店に当たります。


では、そろそろ受験ブログに話をつなげたいと思います。

とんかつ屋の話を延々としようと思っているわけではありません。

どこの店が美味しいとかどこがダメだとかそういうグルメレポートなどではありません。

チェーン店は、いわゆる大手塾です。

店員はアルバイトが多いのも共通しています。

チェーン店の最大の目標は、恐らく売上でしょう。

利益をできるだけあげて、次の店を出店する。

そして勢力を増やしていく。

大手塾とそっくりな論理です。


それに対して、個人経営店は、個人塾です。

この算数教材塾・探求も個人塾とさせてください。

最近は堂々とスカイプ指導を行っておりますので、業務内容に個別指導を入れることにしました。

個人経営店も売上を増やしたい気持ちは強いことでしょう。

しかし、それ以上に美味しいものを提供したいと考えていると思います。

「お客様の喜ぶ顔を見たい」とか「感動させたい」とかそういう感覚だと思います。

人気が出すぎて、店を展開していくこともあるかもしれませんが、基本姿勢は美味しさの追求だと思います。


こういうことを書こうと構想を練っていましたら、私がチェーン店よりも個人経営店が好きなのは、美味しさだけではないのかも…という気がしてきました。

個人塾経営の立場だからかもしれません。

そういう店を応援したいということかもしれません。


しかし、仲間と長居するときとか、渋滞回避で時間つぶしとか、なにかとファミリーレストランは重宝しています。

個人経営店にはない魅力がファミリーレストランにはあるわけです。

大手塾の最大の魅力は、6年後期の模試でしょうか。

それは利用しないわけにはいきません。


前述しましたように、個人経営店でも味はピンキリだと思います。ヤル気もなくただ店を開いているだけという店もあると思います。

個人塾でも同じことが言えます。

個人塾ならどこでも本気で指導して最高の授業、教材を提供しているわけではありません。

大変失礼ですが、塾講師が不適で、残された選択肢として個人塾をやっているケースも、案外、多いと思います。



個人塾の良し悪しを判断する目がないのであれば、個人塾に近寄らない方が良いでしょう。

ぼったくり価格で美味しくもない料理が出てくる場合があります。

価格で判断できれば良いのですが、そういうわけではありません。


良いところか悪いところかを判断して検討する際は、口コミを見るのが一般的ですが、コメントが少ない場合はステマの可能性もあります。

特に個人塾は口コミは極めて少ないのではないでしょうか。

前職は、多いときは、一学年180人くらいいましたが、それでも2ちゃんねるとミルクカフェに誹謗中傷が少々載る程度で、インターエデュでもまともなスレッドは数年に1度くらいという状況です。

掲示板の口コミで判断する!という方は個人塾は探せないと言っても過言ではありません。


では、どうやって探すかというと、足ではありません。

時間と労力の無駄です。

紹介は運次第だと思います。

片っ端から電話も疲れてしまいます。


すると、WEBサイト、ブログ、facebookあたりになると思います。

WEBサイトは家の外観のようなものだと思います。

見栄えが良くても、中は…ということがあります。

facebookはくだけすぎて、良し悪しが分かりにくいと思います。


その中では、ブログが1番正しく判断できると思います。

頻繁に更新していくと、かなりの部分で本音が出ます。

着飾ることや演じることが面倒くさくなり、もう素のままで良いと開き直ってしまいます。

ほぼ毎日ブログを更新している塾関係者のブログを見ると、生々しく思います。


週に3回以上書いていて「ブログ内容に納得いく」「目から鱗が落ちた」「参考にしたい」と感じることが多い場合は、その個人塾と相性が合うのではないでしょうか?


相性が合えば、大手塾のたくさんのお客様を引き寄せる無難なメニューよりも、病みつきになるメニューが見つかるかもしれません。

ファミリーレストランでは体験できない悦びが、本気で味を追求している個人経営店では体験できるのではないでしょうか。