ダイエットについて

query_builder 2021/05/27
受験全般
ダイエットの敵

今回は自分語りが多くなります。

もちろん受験ブログですので、受験勉強の話に繋がります。

ご了承願います。


私は高校生くらいからどんどん太り始めて、大学1年生くらいが許容範囲で、それからも太り続けました。

2013年に塾講師を辞め、収入が大幅に下がったので悔しくて、年収が人並みになるまでは食費を抑える!と決意しました。

そこで、かなり体重を減らしました。

大学1年の頃の体重を□kgとすると、□+12まで増えたのを、□+5まで下げました。

売り上げが少し増え、嬉しくなって服をいくつか買いました。


その後、好きなだけ食べ飲みして、毎年のように肥えていきました。

もう少し痩せたいと思い、炭水化物を減らしてみましたが、いっとき減ることはあっても、遂に、□+23までいきました。


昨年秋に大腸に内視鏡を入れたついでに、いよいよダイエットに取り組もうと考え、


朝は食べない→炭水化物少なめ→16時間断食


という変遷で、7ヶ月で、□+13まで減らしました。


大したことではありませんが、このくらい減るまで継続できた理由は、


週2日くらいは暴飲暴食をしているけど、16時間断食は守っている

週5日くらいは1日を通じて、そんなに多く食べていない


だと思います。

この週2日の暴飲暴食がストレス発散になって、続いているのだろうと思います。


まだ7ヶ月とは言え、まるでストレスでは無く、もっと頑張ろうかなと思えるくらいです。

とりあえず、2013年頃に買って着れなくなった服が着れるまで、あと5キロくらい減らす必要がありますし、いっそのこと、大学1年時代の□まであと13キロは減らそうと思っています。


そろそろ受験ブログに入ります。

家で頑張っているように見えて、あまり成績が伸びていない子どもは、実はあまり頑張っていないのです。

失礼を承知で言えば、頑張っているふりをしている可能性もあります。


そこで、週2日offを作って、週5日勉強するというスタイルはどうでしょうか?


ときどき、塾に行かずにスカイプ指導を受けてくださる方がいらっしゃいます。

理由はそれぞれ異なりますが、スポーツに力を入れている子の場合、とてもしっかり勉強をやっている子が多い印象です。

頭の中で週○日はスポーツ、週○日は勉強と切り替えられているからだと思います。


私のダイエットと一緒で、勉強もストレスにはならないのでしょう。


塾に通うと、僕の小学生時代の全てが受験勉強でしたというくらいの子には良いですが、ストレスが溜まる子は、手を抜くことを考えます。


塾に行かないと中学受験ができないのならば、行くしかありませんが、そういうことを断言しているのは、塾関係者と、塾に通っていた保護者と、塾関係者にしか取材しないメディア系だけです。

いずれもポジショントークです。


ストレス発散しながらじゃないと上手く行かないという生徒さんは、塾漬けではなく、違う道を選んだ方が良いと、ダイエットをしながら、改めて思いました。