どうして進学塾の教室では、成績順で座席が決められる?

query_builder 2014/08/05
算数全般
成績順の座席

塾によっては成績順で座席を指定しているところがあります。

塾によっては成績順で本来のクラスではないクラスで授業を受けることもあるようです。


今回は塾での座席についてです。

立場を明確にしておきますと、私は、成績で指定席にするのは大否定です。

理由もあります。


とても簡単なことですが、メリットがないからです。

「競争だから」「頑張った証」「座席を目標に頑張っている子がいる」「1番席を取り続けるとプライドが生まれる」という意見もありますが、簡単に論破できます。

そういう子は違う目標で頑張ります。

優秀者氏名を壁に掲示すれば同じことになるのではないでしょうか。

講師もできた生徒には「見事!」とか「流石!」というので、その一声でもかなりの効果があります。


そもそも、大人だって年収順に何か決められたら嫌な気分にならないでしょうか? 子どもだから人格無視というのはあまりにも乱暴ではないでしょうか?

生徒さんの成績と、ご主人様の年収は同様のものと考えると、どういう扱いが下品で辞めるべきか見えてくると思います。


とは言いましても、会社に入ると、役職によって呼び方が変わったり、名刺が変わったり、机の広さが変わったり、バッジの色が変わったり、周りからの挨拶の角度が変わったり、その意味では、会社組織と進学塾は同じなのかもしれません。

諸外国は分かりませんが、頑張らせるには下品な扱い方をするしかないという文化が根付いているようです。


塾で成績順で指定席にする理由は上記の通り、生徒を頑張らせるためという面もありますが、それ以上に強いのが、自由席だと締まりのないクラスの雰囲気になる恐れがあるからです。


  • 抜群の授業力を持った講師
  • 恐怖政治をしく講師


こういうタイプなら指定席でも自由席でも普通に授業が進みますが、多くの講師の場合は自由席では上手く進行しにくいのです。

この感覚は当事者ではないと分からないと思います。


ということで、私自身、指定席派です。

成績順の座席は下品と書きましたが、成績順ではなく、学習効果を考えての指定席が良いと考えています。


例えば、 集中力がない子は目の前、後ろでも落ち着いて授業を受けられる子は後ろ、見られている意識がないと集中できないけど、見る必要がない優秀な子は実は視界に入っていない前の端、元気いっぱいの子はサラウンドスピーカーの感覚でやや後ろの端、という配置にした方が授業はやりやすいし、生徒全体の学習効果は高いと思います。


クラスの空気を作り上げるのに長けた講師ならば、異なる意見かもしれませんが、全体的に学習効果の高い座席はあります。

それは成績順ではありません。


前職に入りたてのころ、このような感覚で席を決めたら、相方に成績順が普通と言われ、仕方なく従いました。

この気持ちの悪い決め方のどこが「普通」なのか理解できませんでした。


いつの間にか塾のルールとして「成績順にすわらせること」というのができあがって、それも集団塾が嫌いになった一因かもしれません。

自分のクラスの平均点が上がったから、みなさん試しに1回やってみて下さいと言えば良いのですが、データもないのに、上に立つ人の思いつきで勝手に決められることがあまりにも多かったことが、塾嫌いが進行したのかもしれません(笑)


塾が、学習効果ではなくて、成績順の座席にするのは、上記のように、生徒を奮い立たせる面もありますが、クレーム対策の面もあります。

例えば、たくさんのご家庭が、うちの子は集中力が低いので前の席にして欲しいと言われたときなどです。


入塾のとき、座席の決め方で塾を選ぶ人はいないと思いますが、こういうところも塾選びの際に注目すると良いと思います。