いきなり算数ができるようになる

query_builder 2015/02/21
算数全般
いきなり

そそるタイトルをつけましたが、その意味のままのブログになります。

中学受験の4教科では、理科、社会は階段を昇るようにできるようになっていくと思います。

理科といっても、物理や、理解を伴う化学、地学、あるいは計算やグラフを読み取る問題は、分野によらず、階段を昇るようには順調にはいかないとは思います。


それに対して、国語と算数は順調に伸びていくというのは珍しいような気がします。

上位・下位の顔ぶれはあまり変わらない印象です。

入塾が遅いお子様は伸びていく可能性はありますし、当初、上位にいても成績が下降するお子様はいます。

こんなに努力しているはずなのに、なかなか上がらないとお感じの方も多いと思います。


少し余談ですが、 塾へクレームがあると、責任者はたびたび保護者に、「できないから塾に通っているんですよね」と言いますが、これは詭弁です。

中学受験が小学校で習わない範囲から出題されるので、そういう出題範囲を習うために塾に通っています。

「知らないことを教わるために通っている」 ならばその通りなのですが、できない子が、できるようになるために塾に通うのなら、 ほぼ、目的を果たしていないことになります。


ときどき「みんなと同じように伸びているんです」という、これまた詭弁を発する講師もいますが、それは知らないことを教わる訳なので、中学受験の勉強をしていない子にくらべればできるようになっていますが、それを伸びているというのはちょっと違うかなと思います。


納得される保護者もいるかもしれませんが、会社相手のご相談は油断や隙はない方が良いと思います。


昔話になりますが、私自身、高校生になっていきなり現代国語が得意になりました。

当時は1問も間違えない自信がありました。

センター試験も現国はほとんどできたと思います。

そのとき、こう考えれば間違えるわけない!くらいの意識でいたと思います。

国語は門外漢なので、国語の想い出話はこのくらいにしておきますが、算数、国語はいきなりできるようになります。


まず、算数のできないというのを大きく3つに分けます。


  1. 典型題が解けない
  2. 典型題をしばらくたつと忘れる
  3. 典型題は解けるけど、応用は弱い


1の典型題が解けないのは演習不足です。

レベルのかけ離れたことをやろうとして、結局、その子にとって最も効果の出る問題を丁寧に時間をかけて解いていないと思われます。


アドバイスは、やる問題のレベルを下げてくださいというべたなものです。

レベルを下げても、ますますできなくなることはありませんし、長い目で見ると、適正レベルの問題を解いた方がプラスです。

塾の宿題は取捨選択するべきです。

解けるようになれば力がつき、やる問題のレベルは自然と上がります。


2のしばらくたつと忘れるというのがタチが悪いというか、危険な兆候かもしれません。

習ったことはだれでも時間がたてば忘れるのですが、毎週のテストの成績と、範囲無しのテスト(思考系ではないもの)がかけ離れている場合は、深刻に受け止めた方がいいと思います。

その単元のみの出題なら解けるけど、複数の単元が一緒になると解けないというのも同じです。

身につかない悪い勉強になっている恐れがあります。


お子様に解き方を説明してもらうことが一般的ですが、案外これは上手くいきません。

相手が分かりやすく説明することはとても難しいからです。

そのレベルまでしっかり理解できていることが理想ですが、そこまで求めなくて良いです。

つまり、説明があまり上手くないときに、問題無しの場合もあれば、問題有りの場合もあります。



そして、3の典型題はできるけど、応用が弱いです。

これが今回のブログのメインテーマです。

この3の典型題はできるけど、応用が弱いというのは、またまた2つのパターンに分けられます。


1つ目は、塾講師が見れば能力が高いと感じる場合です。

2つ目は、塾講師が見ても、能力の高さを感じない場合です。


1は問題ないです。

順調に進んでいけば、やがて結果が出ます。

私は、自分で言うのも恥ずかしいですが、能力を感じ取るのが敏感な方でした。

予言者めいて「○○ころには結果が出るでしょう」というと、本当にそのくらいの時期には結果が出ていました。


2つ目の、典型題はできるけど、塾講師が見ても能力がたりなく見えるお子様が、いきなり算数ができるようになる話については、しっかり書いていきたいと思います。


そんな夢みたいな話があるのかと思われる方もいると思いますが、いままで数人見てきました。

決して多くはありません。


例えば、逆上がりとか自転車が近いと思うのですが、できないと思っていたのが、あるとき、いきなりできるようになります。

そして、1回できたら、そのあとはやや怪しい場面はあるものの、ずっとできるようになると思います。

さすがに算数の場合は、波があるので、1回偏差値60を取っても、次は57くらいかもしれません。

いきなりできるようになったとき、「普通に考えていけば解ける」という感覚になるでしょう。

その感覚がつかめると、気負わず、


シンプルに考えると何ができるのか?

これしかできないから、これをしよう


この繰り返しで行けるはずです。


私が問題を解くときには設問を見なくても(1)(2)と答えを求めています。

「できることだけやる」「変なことはしない」 という姿勢で解くからです。

そしてその境地に達するための条件としては下の4つです。


  1. 暗算に強くなる
  2. 典型題の基礎はしっかりできる
  3. 演習時間を増やす
  4. こんな簡単に解けるんだと感動する


塾の宿題に多い「間違い直し」をやってもなかなかその感覚はつかめません。

そして塾の授業時間が長くなると、演習時間は取りにくくなります。


塾の授業は、大して考えないうちに解説になってしまうので、「授業時間が長い=応用力がつく」 とはならないのです。

以前書いた記憶がありますが、ピーターフランクルはベッドの下に入り込んで、解けるまで出てこなかったと言ってました。


塾の授業とはまったく違う行動です。

それから、4つ目に書いた「感動すること」も大切です。

その体験が「簡単に考えていい!」という姿勢につながります。

感動しやすい子は、軒並み伸びていたと思います。


「感動しなさい」と言っても感動するかどうか分かりませんが、 保護者がいろいろなことに感動する習慣があれば、お子様も感動しやすくなるかもしれません。


前述の通り、いきなりできるようになる生徒もいますし、私も国語がいきなりできるようになったわけなので、理系・文系を意識せず、地頭・素質なども意識せずに、前向きに取り組んで欲しいと思います。


算数教材塾・探求の解説は、鮮やかに、感動しやすい解き方、色使い、書き方を心がけています。

当教材をご使用の方に「感動した」と言ってもらうのが、私にとって最高の褒め言葉です。