親が教えても力はつかないと思います

query_builder 2021/03/13
算数全般
1630029_m

少々過激なタイトルを付けましたが、親が教えて、力が付く場合と付かない場合があります。


力が付かないのなら教えるのは百害あって一利無しなので辞めた方が良いと思いますという内容のブログになります。


塾の中には「親は教えるな」というところがありますが、それとは異なる趣旨になります。

塾の場合は、いろいろな理由はありますが、最大の要因は、問題だけを見て、数学をふんだんに使った教え方をするのなら、辞めて欲しいということだと思います。


塾講師の立場では「いずれは方程式で解くんだから、もう方程式で解いても良い」という思想で教えられたら、マイナスが大きいと思う人が多いと思いますし、私もそういう考えです。


今回のブログは、教えるべき問題もありますが、飛ばしても良い問題もありますので、後者ならば、教えずに飛ばして大丈夫ですという内容になります。


まず、多くのご家庭の場合、テキストを隅々までやらなければと考えます。

それは間違いではありませんが、教え込んでまで、やるものではありません。

バイキングに行って、お金を払ったんだから満腹で動けなくなるまで食べて元を取ろうという感覚で教材を取り組んではいけないと思います。


基本概念の習得は、当然、教わりますが、それを身につけたら、あとは自分で解いて力をつけます。

少し説明したら「もう分かった!」「もう説明はいい(不要)!」となるような状態ならば、その説明は有効ですが、ほぼ最後まで教えないといけない状態ならば、説明でほとんど身につかないと思います。


多くの塾の教材は、基本概念の習得となるような重要問題と、非重要問題が混ざっていると思います。

非重要問題は、1番できる子が質・量ともに満足する量となるように載せていると思います。

塾によっては、できる子はもっと他にやることを探して取り組んで良いですよということで、非重要問題を減らしているところもありますが、そのようなことは合格実績が高く、信頼されている塾しかできないと思います。


宿題ではなく、上昇志向が強くてテキストを隅々までやっているということならば、そこまでやる必要はありませんよとアドバイスすれば、解決する問題かもしれませんが、宿題のレベルがおかしい塾もときどきあります。


そもそも私は宿題を出す塾に否定的です。 学力向上は、授業の吸収力と適正レベルの演習が2大要素です。

塾で、適正レベルの演習の宿題を出してくれるのならば大いに活用すべきですが、センスのない宿題の出し方が多すぎます。


「本当にその宿題必要ですか?」と聞いて、「いいえ、そんなことはありませんが…」という会話を塾講師時代によくしていました。

日本人は、他人の時間を奪うことに無頓着すぎるのかもしれません。

サラリーマンの「嫌な仕事だけど仕方なくやらなければ」というのと、宿題を同列に並べてはいけません。


多めの問題を提示して、そこからできそうなものを選んでやってくださいくらいの宿題が、学力向上には最適だと思います。


話を戻します。


  • 重要問題→理解するのが難しい状況でなければ、教えて身につけていく方が良い
  • 非重要問題→自力でできないなら諦める


この2点を意識して取捨選択することが大切です。

予習シリーズは比較的、取捨選択が容易です。

例題が重要問題にあたって、練習問題の一部に非重要問題があるというイメージです。

演習問題集は非重要問題が多いと捉えてもいいと思います(回によってかなり異なりますが、仕分けをしやすくするため)。

練習問題の中にも重要問題がありますので、それを見極められれば良いですが、こちらのブログで重要問題はお伝えしていますので、参照してくださいますと、取捨選択しやすいと思います。


サピックスは結構大変です。

スカイプ指導でも、次のような会話があります。


保「最初からダメです」

私「これはいまやる必要のない問題です」


普通に考えれば、最初はしっかり押さえておくべき基本問題となりますが、サピックス文化は、そういう常識が通用しないようです。


  • 重要問題を教えない→学力低迷の恐れがある
  • 非重要問題を教える→力が付かず、教える労力・時間の無駄


このようになりますので、教えようと思われています保護者の方は、教える前段階として、どれが基本骨格となる重要問題なのかの判断力を付けることが大切だと思います。


教えるということは、自分が解けるかどうかではなく、教えられるかどうかです。

それは、お金をもらう立場の塾講師や家庭教師では当然のことですが、保護者もお子様の時間を奪っているという観点から考えれば、同じことだと思います。


また、「親は教えないで、管理だけしてください」という塾もありますが、それを鵜呑みにして、重要問題も教えないとしたら、学力が上がる見込みが薄くなるのは当然です。

教え方が悪かったり、教えすぎて、マイナスが大きくなることを恐れての後ろ向きの発言なんだと理解すると良いと思います。