小5集中特殊算

query_builder 2021/04/17
集中シリーズ
家庭教師

中学受験の勉強は難しすぎます。

しっかり理解できていなくても解けるように、塾講師や家庭教師は工夫して指導します。

その教えるノウハウは人にもよりますが、かなりあります。

指導者側にノウハウがあればあるほど、生徒さんは理解不十分でも点数がとれるようになります。

ところが、私立中学は、理解不十分でも高得点がとれる生徒さんの入学を嫌がります。


これが中学受験の縮図です。


点数がとれるから、入試問題はどんどん難しくなりますが、ますます理解しにくくなり、暗記の算数で立ち向かうことになります。


教え手が放棄していったんリセットした方が良いと思わないでもないですが、一個人では、時代の波に立ち向かうことはなかなかできません。


せめて割合と比を学習する前に、和と差の問題を十分に解いて、和で何が求まるか、差で何が求まるかを実感しながら、解いていく練習をして欲しいと思います。


そこでお勧めしますのは、小5集中特殊算です。

特殊算という定義はきちんと決まっていません。

「○○算」と呼ばれるものは、すべて特殊算と定義する人もいます。


私は、和と差に関する問題に分類される「和差算」「つるかめ算」「平均算」「消去算」「過不足算」を特殊算と定義しています。


小5集中特殊算は毎回16題で全10回の全160題になります。

他の集中シリーズはとにかくたくさん問題を解いて足腰を鍛えようという狙いで、あえてランダムにいろいろな問題を載せていますが、この集中特殊算は、バランス良く、「この位置はこの単元」というように、計算して配置しています。


もう少し具体的に書いていきます。


  • 2量の和差算、単純な平均算、単純なつるかめ算は 微妙にレベルを上げて10回すべてに登場します。
  • 単純な過不足算は前半5回で終了し、それと並行して出題していた、基本型に直す過不足算は全10回に登場します。
  • 平均算の面積図もレベルを上げて全10回に登場します。
  • 線を3本以上かく和差算は9回まで登場します。


少しレベルの高い問題に話を移します。


  • 受験生の苦手な代入は9回で計12問登場します。
  • 3段のつるかめ算は後半4回連続出場します。
  • 3段と思いきや、倍数に注目して2量にできるものは3題入れています。
  • 個数をそろえる問題は後半3回連続出場です。
  • 個数を逆にする問題は4回連続出場です。
  • 入試頻出問題の不定方程式は扱いますが、3量は5年生では時期尚早ということで触れていません。


言葉にするとイメージがつかみにくいと思いますが、 知る人が見れば、かなりのレベルまでいっていると思うはずです。

5年生でここまでしっかりできたら御三家レベルです。

6年生でもここまで完璧なら、Y60以上です。


  • 算数がかなり得意で先取りをしている人は、4年生秋
  • 算数が得意で先取りをしていない人は、5年生夏まで
  • 算数が得意とはいえない人は6年春


このくらいの時期に取り組むと良いと思います。

正直に書きますと、算数が得意な人は、取り組まなくてもいつの間にかできるようになる単元でもあります。

その意味では優先順位はそれほど高い教材ではありません。


毎回、基本のA問題8題、応用のB問題8題の合計16題の問題で、合計10回です。

1回の演習時間はAは25分、Bは35分と想定しています。


ご検討のほど、よろしくお願いいたします。